節約は最強の収入源?!

節約/節税

みなさん、節約って何かしてますか?

私自身、こんなブログをしているだけあって、

常日頃からそれなりの節約をしているつもりです。

その過程で私は気付いてしまいました…。

節約は最強の収入源であると!

その理由と私の節約術を公開します(*´꒳`*)

◆節約は”収入”と考えよう

こんばんは、ふーらん(@msppps1)です!

毎日寒いですね、子供が飛び跳ねて遊ぶので、部屋にコタツが出せずに

ぬくぬくまったりが出来ずに、涙目です。こんな時、賃貸の部屋の狭さにヤキモキします。

さてさて話が逸れましたが、今回のテーマは”節約”です。

だらだら書いてしまうのが私の悪い癖のようなので、今回は結論から言いましょう。

”節約”は効率の良い、収入(源)である。

と、いうことです。

私は旅行が好きなので、よく家族旅行をするのですが、

決まって日程は平日に組むようにしています。

なぜかというと、ホテル代が安く済ませられるからです。

休日と平日では、10%程度価格が変わってくることもあります。

ホテル代を1泊30,000円とすれば、その差分は3,000円になりますね。

(そもそものホテル代が高いじゃないか!という議論はあると思いますが、

家族サービスの一環ですし、趣旨から少しずれるので、それはまたの機会ということで…)

すると、”旅行は平日にする”という判断が3,000円の価値を産む(=利益を得た)わけです。

仕事の状況を確認するのにかかる時間は、5分程度としましょう。

その5分が3,000円の価値を生むということは、時給換算で36,000円。

以前、記事にした”自分単価”と見比べてみても、大概の方がその効率の良さを

実感できるのではないでしょうか?

※自分単価については下記の記事をご覧ください!「時は金なり、自分の単価を知ろう!」

もちろん、平日に休みを取れない職業の方もいらっしゃるでしょうし、

仕事の確認や調整にもっと時間がかかる方もいると思いますが、

根本的な考え方は変わりません。要は自身にとって、それが効率的な判断となるか否かです。

少し極端な例ですが、スーパーで醤油1本を買うとした時も、

PB(プライベートブランド)の1本98円のものを買うか、

有名メーカーの1本298円のものを買うかで、

その判断に1秒を要したとすれば、その判断の価値は時給720,000円分にもなります。

このように、ひと判断当たりの金額は小さいかもしれませんが、

”節約”という手段が持っている、その効率の高さは、常に意識しておくことが大切だと思います。

あとは、”節約”と言われると、

「やらなくても問題ない」「出来ればやるくらいの認識」

なんて意識が少なからずあると思いますが、これは危うい考えだと思います。

というのも、私たちが本業や副業などで稼ぎ出した収入と、

節約で抑えた支出は、同じお金です。その絶対的な価値は等価なのです。

「働かなくても問題ない」「出来れば働くくらいの認識」

こう考える人は少ないですよね?

「節約はやるべきもの、考えるべきもの」

という意識が大切だと個人的には思います。

◆私の節約術はこれだ!

じゃあどんな節約をしたらいいの?ってところが気になりますよね?

ここで、私が実践している節約術を公開します!

そんな大層なものではありませんが、参考にしてみてください(´`๑)

・優待券で外食

以前の記事でも書きましたが、私は数十社の株主として、定期的に優待品をいただいています。

ステーキ宮を経営されているコロワイドでステーキを食べて、コンビニのミニストップの、

ソフトクリーム無料券を使って食後のデザートを食べてみたり。

優待品の利回りは投資額の1%は軽く超えてくるモノが殆どなので、銀行預金と比べても、

非常にオトクですね!

私は外食が好きなので、こうした株主優待は手放せません(*´꒳`*)

・お風呂の保温時間設定

これは、大きく分けて2つの節約を実施しています。

  1. 給湯量を少なめにする
  2. 自動沸き増し時間を短縮する

まず1(給湯量を少なめにする)についてですが、

みなさんのおウチでは、湯船に何Lのお湯を沸かしていますか?

湯船の大きさにもよると思いますが、1畳風呂で約220L程度ではないかなと思います。

この湯量を少なくすることで、使うガスや電気代が削減出来るということです。

私のざっくり試算だと、10L減らすと1給湯当たり6円程度削減出来そうです。

因みに私の家は、180Lで設定しています。

続いて2(自動湧き増し時間を短縮する)についてです。

追い焚き機能がついたお風呂だと、設定温度をキープしようとして、

自動追い焚き機能が設定時間(初期設定だと3〜4時間程度になっているものが多いようです)

つい、お風呂を沸かして入らずに放置されていると、無駄なエネルギー代を支払う羽目になります。

これもざっくり試算ですが、1時間放置することで、約15円程度の費用が発生します。

私の家では1時間に設定し、入浴時に自動追い焚きをOFFにしているので、実質1時間未満です。

1と2を合算して、月間/年間の費用に落とし込むと、

月間1,500円/年間18,000円程度のコスト削減が可能ということになります。

これと大きいか小さいかと見るのは、人それぞれですが、一度設定してしまえば、

手放しで節約できると考えれば、非常に効率的な節約手段かなと思います。

※尚、本試算はエネルギー源がガスか電気によって、また地域ごとにおける単価、

エコキュートなどの高性能給湯器を使用した場合によって異なるため、あくまで一例としてご覧ください。

・ふるさと納税でちょっとリッチな家食

最近話題になってますから、既にやっている方も多いのではないでしょうか。

実際、住民税控除適用者数は、ここ数年うなぎ登りの状況のようです。

参考:総務省 ふるさと納税 ポータルサイト

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|関連資料
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の関連資料をご案内します

返礼品には肉、魚、野菜、ジュース、デザート…、なんでもありますので、

これを使わない手はないですよね!

ウチは子供がアイス大好きなので、北海道上士幌町のアイスクリームを何度も返礼品で頂いています。

参考:ふるさとチョイス[015-D01]ドリームヒル よくばりアイスクリームセット<100ml×14ヶ>

ふるさとチョイス

ふるさと納税は、原則自己負担2,000円で返礼品を頂ける形になりますが、

その上限額は所得に応じて変わりますので、その点気をつけてくださいね!

◆最後に

いかがでしたか?

”節約”ってすごいんですよ!

ご自身に合った節約方法を見つけ出し、それを少しずつ実践することで、

日々の生活をちょっと良くしていきましょう!

そして、その節約術はぜひ私にも教えてくださいね(´◡`๑)

それでは、また。

コメント